当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

横長サイズのフォトブック おすすめ4選!

内祝いにおすすめのフォトブック

横長サイズのフォトブックとは

横長のフォトブックは、その名の通り、横幅が長い形状のフォトブックです。風景写真や、大人数の集合写真などを綺麗に収めるのに最適です。通常の縦長や正方形のフォトブックと比較して、横に広がるスペースを活かし、写真を大きく、迫力あるレイアウトで展開できます。

\ 当サイト限定 割引クーポン配布中! /

まだ見てなかったらみてね!
フォトブックを15年以上作り続けているフォトブックマニアが、
実際の仕上がりを徹底比較した結果はこちら↓


A4横長サイズのフォトブック

A4サイズ横長は、縦297mm×横210mmの寸法です。しかし、フォトブックのサイズはA4と記載されていても、業者により1〜2cm前後の違いがあります。以下、A4横長相当サイズのフォトブックを一覧にまとめました。

フォトブックサイト名 商品名 表紙 製本 綴じ方 サイズ 価格
マイブック
ART-HC:200Y ハードカバー 無線綴じ 210×297mm 10P:5,000円
ART-SC:200Y ソフトカバー 無線綴じ 204× 291mm 10P:4,500円
オートアルバム ハードカバー 無線綴じ 214×292mm 8P:2,140円
オートアルバム  ソフトカバー 無線綴じ 208×285mm 8P:2,200円
フォトレボ A4Hパノラマ  ハードカバー 無線綴じ
(PUR製本)
200×268mm 16P:3,200円
A4Hパノラマ ソフトカバー 無線綴じ
(PUR製本)
200×268mm 16P:5,100円
フジフォトアルバム A4横タイプ  ハードカバー 合紙綴じ 210×297mm 8P:5,940円
パーフェクトフォト

A4 横  ハードカバー 無線綴じ
(PUR製本)
227× 300 mm 16P:4,800円
A4 横 ソフトカバー 無線綴じ
(PUR製本)
 227× 300 mm 16P:4,400円
DPE宅配便
らくらくフォトブック
クラッシィ よこ A4
ハードカバー 合紙綴じ 188×266mm 6P:4,660円
ポイント
  • A4横長サイズのフォトブックはサイズが大きいため、ページ数が少ないとソフトカバーでは薄くペラペラとしてしまい、折れ跡がつきやすくなります。耐久性と品質を重視する場合、ハードカバーを選ぶことをおすすめします。ハードカバーは強度に優れており、長期間にわたってフォトブックを美しい状態で保持することが可能です。

A4横長サイズのレイアウト例(基本形)

A4サイズのフォトブックは、写真一枚が名刺サイズぐらいの大きさなら1ページ9〜10枚まで配置できます。

1ページの配置数が無制限のフォトブックを選べば何枚でも配置できますから、小さいフォトブックに1・2枚ずつ写真を配置するよりもお得になる場合もあります。

A4サイズに配置できる身近なサイズと枚数

ポイント
  • 人物写真を、A4横長サイズに12枚レイアウトする場合、「顔写真かバストショット(胸から上)」なら、表情もしっかりわかります。
  • 横長の「全身写真」の場合は、4〜5枚以下でレイアウトがおすすめです。小さすぎると、表情がわからなくなってしまいます。

A5横長サイズのフォトブック

A5サイズ横長は、縦148mm×横210mmの寸法です。しかし、フォトブックのサイズはA5と記載されていても、業者により1〜2cm前後の違いがあります。以下、A5横長相当サイズのフォトブックを一覧にまとめました。

A5横長サイズのフォトブック一覧

フォトブックサイト名 商品名 表紙 製本 綴じ方 サイズ 価格
富士フイルム ソフトカバー ソフトカバー 無線綴じ 130×200mm 16P:1,980円
マイブック


ART-HC:140Y ハードカバー 無線綴じ 140×210mm 10P:3,480円
DX:140Y ハードカバー 糸綴じ 140×190mm 12P:3,500円
ART-SC:140Y ソフトカバー 無線綴じ 142×204mm 10P:2,980円
オートアルバム ハードカバー 無線綴じ 150×214mm 8P:1,780円
オートアルバム  ソフトカバー 無線綴じ 143×208mm 8P:1,500円
フォトレボ A5パノラマ ハードカバー 無線綴じ
(PUR製本)
140×200mm 16P:2,400円
A5パノラマ ソフトカバー 無線綴じ
(PUR製本)
140×200mm 16P:1,200円
パーフェクトフォト

A5 横  ハードカバー 無線綴じ
(PUR製本)
140×200mm 16P:3,200円
A5 横 ソフトカバー 無線綴じ
(PUR製本)
140×200mm 16P:2,400円
DPE宅配便
らくらくフォトブック
クラッシィ よこ A4
ハードカバー 合紙綴じ 144×203mm 6P 2,830円

A4横もダイナミックなパノラマ写真を配置できますが、A5横長の見開きページでも全長42cmほどになります。風景写真をワイドにトリミングした写真やパノラマ写真をレイアウトするのに適しています。A5サイズならバックの中にも入るので携帯する用途にもおすすめです。

A5横長サイズのレイアウト例(基本形)

A5横長サイズは、4枚以上レイアウトすると、写真1枚のサイズが名刺サイズ以下になってしまいます。

A5サイズに配置できる身近なサイズと枚数

ポイント
  • 人物写真を、A5横長サイズに4枚レイアウトする場合、「顔写真かバストショット(胸から上)」なら、表情もしっかりわかります。
  • 横長の「全身写真」の場合は、1枚以下でレイアウトがおすすめです。
    小さすぎると、表情がわからなくなってしまいます。
  • 縦長の「全身写真」の場合は、L判(通常の写真プリントの大きさ)で、2枚レイアウトできます。

横長サイズのおすすめフォトブック4選!

フルフラットで大迫力!フジフォトアルバム「A4横タイプ」

出典:フジフォトアルバム

【ハードカバー】フジフォトアルバム(合紙綴じ)

実際に作成したフジフォトアルバムのフォトブック(スクエアサイズ)

フジフォトアルバムは、全品が銀塩プリントの超高画質なフォトブックです。画質に拘るプロのカメラマンのポートフォリオや、「価格が高くても良いから品質が良いものを」という方におすすめのフォトブックです。

横長サイズは、A4に対応しています。

フジフォトアルバムは、A4のみ横長サイズがあります。全品がフォトブックマニアおすすめの「合紙綴じ」タイプのフォトブックなので、180度フラットに開くことができます。手で抑えなくても開いたままなので、家族や友人たちとフォトブック囲んで楽しむことができます。

 

用紙は、すべて落ち着いた半光沢の印画紙です。光沢感を選ぶことはできません。

比較的自由な編集ができるオンライン編集ソフトで、スマホにも対応しています。しかし、現在のところ、自動レイアウトに対応していないので、たくさんの写真を一気にレイアウトしたい場合には向いていません。

サイト名 フジフォトアルバム
商品名 A4横タイプ 
表紙/製本 ハードカバー
綴じ方 合紙綴じ
サイズ 210×297mm
価格 8P:5,940円

フジフォトアルバム公式サイト

高画質なのに安い!フォトレボの「A4Hパノラマ」「A5Hパノラマ」

出典:フォトレボ

フォトレボ ノーブル

実際に作成したフォトレボのフォトブック

フォトレボは、DreamLabo5000の7色印刷の超高画質なフォトブックです。
合紙綴じには対応していませんが、通常の無線綴じより開きやすいPUR製本の無線綴じを採用しています。

横長サイズは、A4とA5に対応しています。

人物の肌の発色は、他社と比較すると少し青み寄りで白っぽい色になりました。DreamLabo5000なので色斑は一切ない滑らかなグラデーションです。
DreamLabo5000のフォトブックとしては良心的な価格設定なので、高画質のフォトブックを安価に作りたい場合におすすめです。

スマホからもオンライン編集で作成することができます。ハードカバーの場合はケースも無料で付属していて、ソフトカバーの場合はオプションとしてケースをつけることができます。

サイト名 フォトレボ
商品名 A5パノラマ
表紙/製本 ハードカバー
綴じ方 無線綴じ(PUR製本)
サイズ 140×200mm
価格 16P:2,400円

フォトレボの公式サイト

おしゃれなテンプレートが豊富!マイブックの「ART-HC 200Y」

ART-HC 本文の見開き

実際に作成したマイブックのART-HC(スクエアサイズ)

マイブックの「ART-HC」は、スタイリッシュなテンプレートを使用して、手軽におしゃれなフォトブックを作成することができます。

横長サイズは、A4とA5に対応しています。

無線綴じタイプのフォトブックなので完全フルフラットにはなりませんが、色再現性の高く美しい発色で、人物の顔が健康的に仕上がりました。印刷方式は液体トナータイプの4色印刷(デジタルオフセット)です。(→印刷方式の違い

スマホからもオンライン編集で注文可能になりました。ただし、スマホからの注文の場合、ページ数やレイアウトは限られています。

パソコン用のダウンロードソフトからはフリーレイアウトができるので、自由な位置に写真・文字やコメントを添えたり、付属の装飾素材で可愛く飾ることも可能です。

サイト名 マイブック
商品名 ART-HC:200Y
表紙/製本 ハードカバー
綴じ方 無線綴じ
サイズ 210×297mm
価格 10P:5,000円
マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

マイブック公式サイト

ハードカバー最安級!マイブックの「オートアルバム ハードカバー A4」

出典:マイブック

実際に作成したマイブックのオートアルバム(縦長サイズ)

マイブックの「オートアルバム」は、インデックスプリント型のアルバムに特化した仕様を採用しており、全ページが統一されたレイアウトで構成されます。インデックスプリント型のアルバムはもちろんのこと、通常の写真アルバムとしても活用できます。

横長サイズは、A4とA5に対応しています。

ART-HCと同様、無線綴じタイプのフォトブックなので完全フルフラットにはなりませんが、色再現性の高く美しい発色で、人物の顔が健康的に仕上がりました。印刷方式は液体トナータイプの4色印刷(デジタルオフセット)です。(→印刷方式の違い

A4相当のハードカバーでも2,140円というかなり安い価格で提供されており、市場の相場と比較してもお得です。
現在のところなぜか、ソフトカバーの方が若干高い2,200円で販売されています。

自由な編集はできませんが、スマホからもオンライン編集で簡単・短時間で作成できます。

サイト名 マイブック
商品名 オートアルバム 
表紙/製本 ハードカバー
綴じ方 無線綴じ
サイズ 214×292mm
価格 8P:2,140円
マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

マイブック公式サイト

 

横長サイズのフォトブックの写真サイズ(ピクセル・解像度)

横長ワイドのフォトブックで写真を大きく全面に印刷したい場合、注意しなければならないのは、写真の撮影サイズです。
(※写真の撮影サイズは、カメラの仕様書に「静止画像記録サイズ」、「写真サイズ」などと表記されている画素数のことで、単位は pixel です。)

A4横長サイズの1ページを全面写真にする場合、写真のピクセル・解像度は?

A4横長サイズ(210 x 297 mm)を開いた時の片側1ページを全面写真にする場合、オンデマンド印刷の写真データの推奨解像度300dpiに必要なピクセル数は、2480 × 3508 pxです。裁ち落とし部分の幅も含めると約2,600 x 3,600 pixel程度が必要になります。

このピクセル数よりも大きな写真を撮れるようにカメラの写真サイズを設定しておかなければなりません。

  • コンデジやデジタル一眼カメラで撮影する場合は、写真サイズの設定を4:3モードで10MP(2,736 x 3,648 pixel)以上に設定してください。
  • スマホカメラの場合は、iPhoneなら背面カメラ(アウトカメラ)の通常撮影した写真で問題ありません。
  • Android端末の場合は機種によって異なるかもしれませんが、4:3モードで13MP以上、16:9モードでは 9.7MP以上に設定してください。(※MPはメガピクセルです。)

これでA4横長サイズの印刷に必要なピクセル数の写真が撮影できます。

A4横長サイズの見開きを全面写真にする場合、写真のピクセル・解像度は?

A4横長サイズの見開き(297 × 420 mm)を全面写真にする場合、 オンデマンド印刷の写真データの推奨解像度300dpiに必要なピクセル数は、3508 × 4961 pxです。裁ち落とし部分の幅も含めると約 3,600 × 5,100pixel程度が必要になります。

デジタル一眼や最近のコンデジなら、必要なピクセル数をクリアできますが、スマホカメラ(iPhone)は最新の機種でも最大12MPですから、A4横長サイズに全面写真でレイアウトする場合、解像度が足りなくなります。
※iPhoneの「パノラマモード」で撮影した写真なら必要ピクセル数を満たします。

また、スマホカメラや旧タイプのコンデジで使われているイメージセンサー(CMOS)はデジタル一眼のセンサーと比較してかなり小型なので、解像度が高いほどセンサー1画素当たりの光量が少なくなり、デジタル一眼ほどの高画質な写真は期待できません。

ただし、解像度が足りないからといって、印刷できないわけではありません。
画像のサイズはフォトブック編集ソフトごとに下限が決められており、それを下回らなければ印刷はできます。
また、解像度が少し足りない程度であれば、肉眼ではわからないです。

横長サイズのフォトブックのレイアウト例

赤ちゃんも等身大サイズの写真で残せます

横長のフォトブックに適しているのは「横向き写真」または「パノラマ写真」です。通常の人物全身写真やスマホの縦長写真は、縦長サイズの方がレイアウトしやすいですが、一般的に横向きになる旅行の風景写真などは横長サイズのフォトブックの方が収まりが良いです。

人間の目は横に並んでいるので、風景の写真は、横向きが自然に見えます。

横長タイプのフォトブック

また、横長の「A4」サイズなら新生児の赤ちゃんを等身大で載せることもできます。

横長フォトブックのメリットデメリット

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 横長の写真(風景や、人物+風景)の収まりが良い
  • パノラマ写真を全面にレイアウトすれば迫力のあるアルバムができる
  • A4以上の横長フォトブックは、新生児の赤ちゃんの等身大写真も印刷できる

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • 人物の縦長全身写真を大きくレイアウトしたい場合には不向き。1ページに余白なし(裁ち落とし)で1枚配置する場合は全身が入らない。(上半身のみになる)
  • 普通の本棚への収納には向きません。(A5サイズでも21cm以上の奥行が必要です。)

その他フォトブックのサイズ一覧はこちら