当サイト限定クーポン配布中!今月のフォトブッククーポン・割引情報まとめ

マイブックのフォトブックを全8種作って徹底比較!口コミ・レビュー

マイブックで実際に作って検証したフォトブック

長年にわたる信頼と実績を誇るフォトブック作成サービス「マイブック」。 高品質な製品と細やかな顧客対応で、数多くのユーザーに愛されているサービスです。

マイブックのフォトブックは、とても色再現性に優れた美しい画質のフォトブックでした。
他社と比較してテンプレートがおしゃれで豊富なのが特徴です。

本記事は、実際にマイブックで全8種類のフォトブックを作って検証したレビュー・口コミです。仕上がりの画質や品質がわかる画像を交えて徹底解説します。

目次

マイブックのフォトブック全種を徹底比較

サイト名 マイブック
商品名 FLAT
おすすめ
ART-HC ART-SC DX オートアルバム
ハードカバー
オートアルバム
ソフトカバー
book MINI
実際の
画質
(拡大)

マイブック DreamLabo5000 7色印刷の画質(FLAT)(800dpiでスキャニング)

マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング)

マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング) マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング) マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング) マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング) マイブック 粉体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング) マイブック 液体トナー4色印刷の画質(800dpiでスキャニング)
実際の
製本
(俯瞰)

マイブック FLATの製本・綴じ方(俯瞰で撮影)

マイブック ART-HCの製本・綴じ方(俯瞰で撮影)

マイブック ART-SCの製本・綴じ方(俯瞰で撮影)

マイブック DXの製本・綴じ方(俯瞰で撮影)

マイブック オートアルバムの製本・綴じ方(俯瞰で撮影) マイブック ART-SCの製本・綴じ方(俯瞰で撮影) マイブック MINIの製本・綴じ方(俯瞰で撮影)
公式 公式ページ 公式ページ 公式ページ

公式ページ

公式ページ

公式ページ

公式ページ

公式ページ
印刷方式 7色インクジェット印刷
DreamLabo5000
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
粉体トナー4色印刷 液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)
表紙
製本
ハードカバー ハードカバー ソフトカバー ハードカバー ハードカバー ソフトカバー ソフトカバー ハードカバー
綴じ方 合紙綴じ 無線綴じ 無線綴じ 糸綴じ 無線綴じ 無線綴じ 無線綴じ 糸綴じ
紙質
光沢感
表紙:光沢・無光沢
本文:光沢・半光沢
DreamLabo専用紙
表紙:光沢
本文:光沢・半光沢
・無光沢
表紙:光沢
本文:光沢・半光沢
・無光沢
表紙:光沢
本文:半光沢
表紙:光沢またはクロス
本文:光沢
表紙:光沢またはクロス
異なる
本文:光沢
表紙:光沢
本文:半光沢(テカリ有)
表紙:光沢
本文:半光沢
価格 5,980円~ 2,980円~ 2,470円~ 3,500円~ 1,500円~ 1,780円~ 2,200円~ 1,300円~
送料 宅急便:650円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
宅急便:650円
ゆうメール:220円
サイズ B5縦長相当/
B4スクエア相当/
A4スクエア相当
A4縦長/A4横長
A5縦長/A5横長
B5縦長相当
B5横長相当
A3スクエア相当/
B4スクエア相当/
A4スクエア相当/
B5スクエア相当/
B6スクエア相当
A4縦長/A4横長
A5縦長/A5横長
B5縦長相当/
B5横長相当/
B4スクエア相当/
A4スクエア相当/
B5スクエア相当/
B6スクエア相当
B5縦長相当/
B5スクエア相当/
A5横長相当
A4縦長相当/
A4横長相当/
A5縦長相当/
A5横長相当
A4縦長相当/
A4横長相当/
A5縦長相当/
A5横長相当
A5スクエア相当 A7スクエア相当
ページ数 10P(スマホは20P)
~40P
10P~(スマホは20P)
~100P
10P~100P 12P~28P 8P~100P 8P~100P 16P 12P
パソコン
編集方法
1,オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG
写真数:1冊最大65枚(テンプレートにより変動)
非対応 非対応 オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG
写真数:1冊最大1600枚(テンプレートにより変動)
オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG
写真数:1P1枚
2,ダウンロードソフト(自由編集可能) 
対応画像形式:JPEG/ BMP/ PNG
写真数:無制限 
オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG
写真数:1冊最大1600枚(テンプレートにより変動)
オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
スマホ
編集方法
オンライン編集(全ページ固定レイアウト)
対応画像形式:JPEG
写真数:1冊最大65枚(テンプレートにより変動)
非対応 非対応

マイブックのフォトブックを、すべて実際に作って比較しました。「画質」の画像は、実際に作成したフォトブックを800dpiでスキャニングしています。

フォトブックマニアのおすすめは合紙綴じで7色印刷超高画質のマイブックFLAT(フラット)です。

 

公式ページ:マイブックFLAT(フラット)

マイブック 割引クーポン

マイブック 初回30%OFFクーポン

\ 当サイト限定 割引クーポン配布中! /

まだ見てなかったらみてね!
フォトブックを15年以上作り続けているフォトブックマニアが、
実際の仕上がりを徹底比較した結果はこちら↓


マイブックのフォトブックの特徴は?

マイブック・マイブック ライフで作成した「ART-180S」

実際の制作体験を通して、マイブックのフォトブックの魅力と特徴を深掘りしていきます。

特徴1:色再現性が高い画質

マイブック と他社フォトブックの画質・色再現性を比較

「マイブック」の大きな特徴は、色再現性の高さです。マイブックは、ユーザーがパソコンでレイアウトした際に見る色調と、実際に届くフォトブックの色が正しく表現されることに重きを置いています。

実際にマイブックで印刷したフォトブックを他社の仕上がりと比較してみると、その色再現性の高さが際立っています。
この写真の比較ではマイブックが一番元画像に近い色調で印刷されました。

マイブックのフォトブックは「4色印刷」でも、他社(2)の「6色印刷」より発色が鮮やかで美しいです。ただし、拡大した時の網点(ドットパターン)は4色印刷の方が目立ちますから、それが気になる場合はインクジェット7色印刷(DreamLabo5000)の「FLAT」 を選びましょう。

公式サイト:インクジェット7色印刷(DreamLabo5000)の「FLAT」

商品により画質が変わるので注意です。

マイブックの画質の詳しいレビューはこちら。

特徴2:背表紙のバーコードや社名の記載が無い

マイブック 内面にも社名やバーコードの記載はありません。

マイブック 内面にも社名やバーコードの記載はありません。

マイブック 背表紙に社名やバーコードの記載はありません。

マイブックのフォトブックには背表紙のバーコードや社名の記載がありません

たとえばプレゼントする場合、贈られた人はどこで印刷されたかや価格を知ることがなく、贈る側にも安心感があります。また、デザインがバーコードに邪魔されないため、フォトブック自体の品格と上質感が際立ちます。

特徴3:テンプレートがおしゃれ

マイブックのパソコン用ソフト「MyBook Editor」には、写真や文字を入れ替えるだけで簡単におしゃれなフォトブックが作れるデザインテンプレートが多彩に揃っています。どれもセンスが良く、まるでプロが編集したような素敵なフォトブックを作ることができます。

しかも、画像枠、文字枠、デザイン素材を自由に変更・移動・追加・消去できますから、テンプレートをベースにして自分だけのオリジナル作品を仕上げることもできます。

ただし、テンプレートが豊富なのはパソコンからの注文の場合です。
スマホから注文する場合は完全に固定されたテンプレートのみで、数も少ないです。

特徴4:L判プリントかましかくプリントのいずれかが、毎月6枚無料!

出典:マイブック

マイブックにユーザー登録(無料)しておくと、「L判プリント」か「ましかくプリント」のいずれかが、毎月6枚無料で購入できます。

注文方法は、マイブックのマイページにログインして「お知らせ」上部に掲載されているキャンペーンページにアクセスし、掲載されているクーポンを注文時に入力するだけです。月額料金もかからず、送料(220円)のみでプリントを注文したい月だけ購入することができます。

公式サイト:マイブックのマイページ

実際に注文してみたところ、印刷方式は一般的な写真と同じ「銀塩プリント」で、高画質の写真プリントでした。

マイブックのフォトブックの画質は2種類あります

商品名 FLAT
おすすめ
ART-HC / SC
DX / MINI
オートアルバム
実際の画質

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)(800dpiでスキャニング))
印刷方式 DreamLabo5000
インクジェット7色印刷 
液体トナー4色印刷
(デジタルオフセット)

マイブックのフォトブックの印刷方式は、DreamLabo 5000(インクジェット7色印刷)と液体トナー4色印刷(デジタルオフセット)の2種(※)です。

どちらも激安フォトブックと比べれば高画質ですが、よりおすすめなのはFLAT(フラット)のDreamLabo5000インクジェット7色印刷です。

※マイブックのフォトグッズ「book」の印刷方式は粉体トナータイプの4色印刷なので、これを含めると3種になりますが、「book」は「フォトグッズ」にカテゴライズされているため、「フォトブック」の画質は2種と記載しています。

マイブックのDreamLabo 5000 インクジェット7色印刷の画質

マイブックの「FLAT」は、キヤノンの超高画質インクジェットプリンター「DreamLabo 5000」を用いたインクジェット7色印刷です。

DreamLabo 5000のインクジェット印刷の場合、網点(ドットパターン)は見えません。
高度な技術により、自然で滑らかなグラデーションが特徴です。写真のディテールが鮮明に再現され、色の深みと豊かさを楽しむことができます。

公式サイトでは以下のように記載されています。

MyBook FLATの印刷はなめらかな階調性や色再現の安定性に優れた7色染料インクを使用したDreamLabo 5000を使用しています。

引用:https://www.mybook.co.jp/faq/specification.html

画質重視の場合は迷わず「FLAT(フラット)」を選びましょう。

FLATの詳しいレビューはこちら

マイブックの 液体トナー4色印刷(デジタルオフセット)の画質

マイブック ART-HC/SC、DX、MINI、オートアルバムの画質は、液体トナー4色印刷(デジタルオフセット)です。

※マイブックの公式サイトでは「液体インク」と表記しています。

MyBook ART、DXの印刷は、オフセット印刷に近い、液体インクを使った最新式のオンデマンド印刷方式(網点印刷)です。

引用:https://www.mybook.co.jp/faq/specification.html

液体トナー4色印刷(デジタルオフセット)は、激安フォトブックでよく採用されている粉体トナーの4色印刷とは、画質がまったく異なります。

マイブックの4色印刷と、激安フォトブックの4色印刷を比較

マイブックの4色印刷と、激安フォトブック(粉体トナー)の画質を比較

赤ちゃんの顔色も鮮やかに印刷され、他社では白とびしている箇所も鮮明に表現されてています。

粉体トナーを使用した印刷の場合、網点がギザギザとした不安定な形状になり、全体的な色斑や、トナーのテカリが目立ちます。一方、マイブックの採用している液体トナーのデジタルオフセットの場合、美しい発色で、色斑のない均一な仕上がりです。

印刷したフォトブックの発色と、元画像データを比較

マイブックのフォトブックの仕上がりを元の写真データと比較すると、液体トナー4色印刷でもDreamLabo5000 7色印刷でも、多少彩度は落ちるものの、全体として発色が良く、美しい仕上がりです。

マイブックの高い色再現性は、モニター上で見た色が実際の印刷物でに再現されることを意味します。
撮影した写真の元データが暗い場合、その暗さがそのまま印刷物に反映されることがあるため、色補正を行うことが重要です。マイブックの編集ソフト(パソコン用)では、画像の補正(明るさやコントラストの調整)が自由に行えるため、好みに合わせて調整が可能です。

マイブックのフォトブックの装丁・製本タイプは4種類あります

マイブック  綴じ方・製本の違いを比較

商品名 FLAT
おすすめ
ART-HC
オートアルバム
ART-SC
オートアルバム
DX / MINI

表紙
製本

ハードカバー ハードカバー ソフトカバー ハードカバー
綴じ方 マイブック フラットフォトブック(合紙綴じ)合紙綴じ マイブック 無線綴じ無線綴じ マイブック ソフトカバー
無線綴じ
マイブック・マイブック ライフで作成した「MINI」糸綴じ

マイブックの装丁・製本は、ハードカバー合紙綴じ、ハードカバー無線綴じ、ソフトカバー無線綴じ、ハードカバー糸綴じ、4種類です。

おすすめは180度フラットに開くことができる「合紙綴じ」で、マイブックではFLAT(フラット)に採用されています。

公式サイト:マイブック FLAT(フラット)

マイブック「FLAT」の製本はフルフラットに開ける「合紙綴じ」のハードカバー

マイブックで作成したフォトブック「FLAT」の表紙

実際に作成した マイブック FLAT 表紙

※ケース付きです

マイブック FLAT(フラットブック)(7色印刷)

実際に作成した マイブック FLAT 本文の見開き

実際に作成した マイブック FLAT 綴じ方

FLAT(フルフラットブック)は、見開き2ページ分の本文用紙を二つ折りにして貼り合わせていく合紙綴じです。180度フラットに開くことができ、中央が見やすく、自由なレイアウトが可能です。

FLAT のページは板紙のような厚みと硬さがあります。最小ページ数の10ページで表紙の背幅が8mmですが、わずか10ページでも高級感ある品です。

大変丈夫で破けにくいため、耐久性も抜群ですから、長く大切に保管したい婚礼・卒業などの記念写真集にもおすすめです。子供が興味をもって触ってしまった場合も安心です。

また、マイブックのFLATは、合紙綴じで花布がついている珍しいタイプです。
そのままでも重厚で高級感のある合紙綴じですが、花布がつくことによってより上質な装丁に仕上がっています。

※花布は、上製本(ハードカバー)本文の背の天地(上端と下端)についている小さな飾り布のことです。

マイブック「ART-HC」「オートアルバム」の製本は、通常の無線綴じのハードカバー

ART-HC 表紙

実際に作成した ART-HC 表紙

※ケース付きです

ART-HC 本文の見開き

実際に作成した ART-HC 本文の見開き

マイブックのART-HCとオートアルバムのハードカバーは、通常の無線綴じのハードカバーです。本文の背を製本糊で固めて接着しています。

マイブックの中では安価なフォトブックで、主力商品として位置づけられています。最大ページ数が100ページなので、たくさんの写真をまとめて1冊に入れたい時におすすめです。

マイブックのフォトブックと市販の絵本と比べてみました。
マイブックのフォトブックは市販の絵本と変わらない仕上がりです。

マイブックのART-HCと市販の無線綴じ絵本(「ねないこだれだ」等)を比較してみました。
マイブックのART-HCは市販の絵本と比べてみても変わらない完成度です。

なお、このような通常の無線綴じは、開き切らないのどの部分(綴じ合わせ部分)に印刷された写真や文字はゆがんで見えるか隠れてしまいますから、レイアウトには注意が必要です。

また、半透明のトレーシングペーパーの遊び紙がついています。トレーシングペーパーの遊び紙が1枚挟まれているだけで、体裁の整った上質な冊子という印象を与えます。

マイブック「ART-SC」の製本は、無線綴じのソフトカバー

実際に作成した ART-SC 表紙

実際に作成した ART-SC 見開き

マイブックの「ART-SC」は、無線綴じのソフトカバーです。

ART-HCと同様に、半透明のトレーシングペーパーの遊び紙が付属しており、上質な印象を与えます。この遊び紙は、フォトブックを開く際の第一印象を高める役割を果たし、全体の質感を向上させています。

 

マイブック「DX」の製本は、糸綴じのハードカバー

実際に作成した DX 表紙

※ケース付きです

実際に作成した DX 見開き

マイブックDX は、フォトブックとしては珍しい糸綴じハードカバーです。

糸綴じは本文用紙を糸でかがって綴じ合わせます。本文がしっかりと固定される上、経年劣化が少ないので綴じ合わせがゆるみにくく丈夫な綴じ方です。

マイブックDXとART-HCの開き方を比較

マイブックDXとART-HCの開き方を比較

マイブックDXとART-HCの見た目同じですが、ページを開いたときの、ノド(中央の綴じ込み部分)の開きやすさが違います。糸綴じのDXは無線綴じのART-HCと比べてページが開きやすいです。

DXとART-HCの紙の厚さを比較

また、「DX」の方が若干紙が厚いです。(一番紙が厚いのはもちろん合紙綴じのFLATです。)

マイブックの「DX」で唯一残念なのは、利用可能なページ数が12、20、28ページと比較的少ないことです。「FLAT」は40ページまで、「ART」シリーズは最大100ページまでページ数が増やせます。

マイブックのフォトブックの表面加工は3種類あります

マイブック 本文ページの表面加工比較

マイブックの本文ページは3種類の表面加工が選べます。

  1. ラミネート加工-光沢:ツヤツヤの鏡面で、華やいだ高級感のある写真に仕上がります。
  2. ラミネート加工-つや消し:マットで光沢が無く、上品で落ち着いた高級感をかもしだします。
  3. ニス加工:上記2つの中間的な視覚効果で、半光沢の光沢感です。
ラミネート加工」の方が丈夫なのでおすすめです。

表面加工の種類を選択できる商品と、ニス加工に限定されている商品があります。選択できるフォトブックを注文するときは、表面加工の選択チェックを忘れないように注意しましょう。

マイブックのように表面加工が自由に選択できるフォトブックは希少です。

ただし、DreamLabo5000 7色印刷の「FLAT」の本文は表面加工がされていません。DreamLabo5000とその専用紙による印刷は、そのままでも丈夫で長持ちするため、基本的に表面加工は必要ありません。「FLAT」の場合、用紙本来の光沢感として「光沢のある専用紙」または「光沢を抑えた専用紙」を選択することができます。

表紙の表面加工

表紙ラミネート加工-光沢ラミネート加工-つや消しが選べます。ニス加工の選択肢はありません。

ラミネート加工というと、IDカードなどのパウチもその一種ですが、フォトブックではそんな分厚いものではありません。印刷紙の場合は、ポリプロピレン樹脂の極薄の膜を印刷面に貼り付けますから、PP加工とも呼ばれています。

※ラミネート加工(光沢)は、他のフォトブックサイトではクリアPP加工とも表示され、つや消しの場合はマットPP加工と表示されます。

マイブックのフォトブックの編集ソフト

マイブックはパソコン用ダウンロードソフト(MyBookEditor )の自由編集の機能がとても充実してます。

マイブックの編集ソフトMyBookEditor の機能

  • 1ページの写真点数無制限
  • パソコンにインストールされているフォントをすべて使用できる。
  • 画像の移動、サイズ変更、回転、加工、型抜き、回転が可能。
  • 画像効果(ドロップシャドウ、キーライン、色調調整、透明度)が可能。
  • 図形描画(直線、丸、四角、三角、自由入力)が可能。

MyBookEditorは、全ページ白紙の状態から自由にデザインすることも、テンプレートを使ってデザインすることも、自由に選べます。デザインテンプレートを使うときは、ソフト起動後の画面にある「テンプレートで作成」ボタンをクリックすると、テンプレート選択画面で好きなデザインテンプレートが選べます。

ユーザー登録をせずに使える無料ダウンロードソフトですから、まず試しにインストールし、実際にデザイン作業を体験することができます。

公式サイト:MyBookEditorを試してみる 

1ページの写真点数は無制限なのでたくさんの写真を配置することができます。

公式サイトより:
Q、1ページに写真を何枚入れることができますか?
A、1ページに入れることができる写真の枚数は特に制限はありません。
しかしながら、ご利用の環境によっては、写真を多く使用したことが原因でメモリ不足になったり、挙動が遅くなることがあります。

マイブックの編集ソフトで実際に写真加工したフォトブックの仕上がり

マイブックで実際に写真加工したフォトブックの仕上がり FLAT※写真加工を作成したフォトブックはFLAT(7色印刷)です。

マイブックの専用ソフトでは「イエローセピア」「レッドセピア」「ハードセピア」「モノクロ1」「モノクロ2」「モノクロ(明)」「美白1」「美白2」「鮮明」「白」「黒」などの写真加工が可能です。

写真加工について詳しくはこちら

豊富なテンプレート

マイブックは ART-HC/SCDX で使えるデザインテンプレートが多彩に揃っています。FLATも少し追加されました。

ジャンル テンプレート数 おすすめシーン
Windows
Mac
子供 21点 8点 出産・成長記録に。七五三、入園・入学、卒園・卒業などの記念に。
結婚 14点 5点 華やいだデザインから落ち着いた雰囲気まで。両親へのプレゼント用も。
旅行 19点 5点 海外・国内のさまざまな旅行の思い出に。新婚旅行にも。
その他 13点 4点 ペット、卒園アルバムのほか、多彩な用途・テイストのデザイン。

すべて写真・文字を入れ替えるだけでそのまま印刷できるテンプレートです。しかも、画像枠、文字枠、デザイン素材を自由に変更・移動・追加・消去できますから、テンプレートをベースにして自分だけのオリジナル作品を仕上げることもできます。

 

マイブック 旅行ジャンルのテンプレート(部分)

マイブックのデザインテンプレートは、センスのいい使えるデザインが豊富です。

アレンジしてジャンルの違う作品に流用することもできます。プロ級のデザイン作品を手軽に作れるテンプレートです。

ここまでテンプレートが充実しているフォトブック業者は、今のところ他にありません

スマホからの編集機能は限定的

マイブック スマホオンライン編集の編集画面

スマホからは、オンラインで簡単に編集が可能です。アプリのダウンロード&インストールは不要で、SafariやGoogleChromeなどのあらかじめスマホにインストールされているブラウザで作成できます。

  • 作れるフォトブックは、ART-HC180S/210S/200Y・FLAT210S/260S・オートアルバム・MINI・Bookのみです。
  • 使えるテンプレートは、8種類です。

全ページ固定レイアウトでレイアウトの変更不可のため、自由な編集はできません。手軽に短時間で作れるところがメリットです。

マイブックのカスタマーサポート・顧客対応

マイブックには自分の電話番号を通知せずにお問い合わせ電話ができるサービスがあります。

機能満載の MyBookEditor ですが、操作方法が分からなくて困ることがあるかもしれません。そんなときや、サイト利用に関して困ったことがあったら何でも、マイブックの充実したカスタマーサポートに相談することができます。相談方法には、

  1. メールでの問い合わせ
  2. ウェブ電話での問い合わせ

があります。

マイブックの充実したカスタマーサポート:相談方法

メールでの問い合わせ

STEP.1
トップページの右上にある「お問い合わせ」をクリック。
 
STEP.2
「お問い合わせフォーム」で必要事項を入力して送信。
 
STEP.3
メールでの回答が届く。
 

ウェブ電話での問い合わせ

STEP.1
トップページの右上にある「お問い合わせ」をクリック。
 
STEP.2
その他のお問い合わせのウェブ電話でのお問い合わせ「詳細はこちら」をクリック。
 
STEP.3
「ウェブ電話でのお問い合わせ」ページで必要事項を入力して送信。
STEP.4
入力した番号に、マイブックより電話がかかってきます。ウェブ電話の無料通話で担当者に直接相談。問題解決の早道です。

ウェブ電話とは?(マイブック公式サイトより引用)

メール等と同じく、インターネットを通じて音声を運ぶ「IP電話」の技術を活用した電話です。 電話番号を入力いただくことでご利用いただけます。 ご入力いただいた電話番号は当社に通知されませんので、安心してご利用ください。

  • お客様に通話料がかかりません
  • コールバック予約ができます
  • 夜中でも電話で用件を伝えられます

マイブックのフォトブックの梱包・配送

マイブックの専用箱は簡単に開くことができます。

マイブックの専用箱は簡単に開くことができます。

マイブックのフォトブックは、緩衝材に包まれて配送用パッケージ(段ボールケース)の中に粘着剤で固定されていました。丁寧で安全な梱包です。

  • 送料:一律550円(税込)
  • 配送:宅急便 / 翌営業日から起算して6営業日目に工場(広島)から発送。

マイブックのギフトキット(ラッピング袋)

マイブック  ギフトキット

マイブック  ギフトキット

大きさ 縦470mm x 横330mm
ベージュ/ピンクの2種類
素材 不繊布2層
サテンリボン 10mm1本通し
価格 165円(税込)

 

マイブックには、自分で包装するタイプの専用ギフトキットがあります。

実際に注文してみました。不繊布2層の簡易な袋で、リボンを縛るだけで簡単にラッピングが完成です。ちょっとしたプレゼントには便利です。

ギフト用のラッピングをしてから送付してくれるサービスはありません。

マイブックのフォトブックを作成したフォトブックマニアの口コミまとめ

良い口コミ評判・おすすめポイント

  • 初回のみ30%オフになる
  • 上質なデザインテンプレートが他社と比較して圧倒的に豊富
  • 他社と比較して色再現性に優れた画質
  • 表面加工が選択可能な商品もあり。
  • パソコン編集なら1ページの写真点数無制限(ART・DX・FLAT)
  • ロゴやバーコードの記載がないのでプレゼントにもおすすめ
  • 商品名「FLAT」は合紙綴じで7色印刷(→綴じ方の比較
  • 自由編集の機能が充実した自由な編集ソフト
  • 編集ソフトで色補正・トリミングなどが自由
  • パソコンに保存されているフォントが全て使用可能(無料ダウンロードソフト)
  • カスタマーサポートが充実。無料通話で問い合わせ可能。

悪い口コミ評判・残念ポイント

  • スマホ対応フォトブックのサイズ・テンプレートが少ない
  • スマホからは編集の自由度が低い
マイブックは他社と比較して、色再現性が高いです。
また、「FLAT」は合紙綴じ7色印刷の高品質商品でおすすめです。
 
印刷時に元の写真の色と大きく異なってしまうフォトブックもありますが、マイブックは写真の色味の正確な再現に重点を置いているため、色味にこだわりたいユーザーにとっては信頼性の高い選択肢です。

マイブックの公式サイトはこちら